保育日誌 Vol.5

~2月26日のお散歩~

もうすっかり春という陽気だったので、久しぶりに木崎湖へ出かけた。(往復3Kくらいはあるかな)

「さあ出かけよう!」の声に体中から喜びが溢れてやまないとでもいうように駆け出して行く。小さな体がぴょんぴょん跳ねる。すばらしい!!

もうだれにもとめられない春の喜び

どの子も満面の笑み。歩きながらたくさんのおしゃべりがはじける

途中たくさんの猿のうんち!?木の皮を食べたようなうんち、たくさんあってたまには踏むことも・・・。草の芽が伸びない枯れ草の荒地をどんどん歩く。去年の残り種を見つけたり、よし畑でながーいのを取り湖で釣りのまね

一列に並んでお日様を背に向け、湖を眺めてお昼をいただく

帰りも1時間半ほどで帰り着く。小さい子はフラフラになる事もあったが歩き通した。去年はフラフラだった子に余裕が出てきた。

こんなに嬉しそうに歩く子供たちを私は知らないと言いたいぐらいだ。すばらしい!!

                               渡辺 純子

"保育日誌 Vol.5" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント