保育日誌 Vol.3

休み明けのある日・・・
そりで遊べる程に雪も積もり、子供達は大喜び!!さっそく小高い丘をすべり降り、しっかりコースができ上がりました。そりすべりも年長児がどんどんリードして、自分達でこぶをつくってジャンプしたりと発展しています。怖がりだった子も1年たつと成長して、怖楽しいといった表情です。

画像


朝、温度の低い時は雪を板状にはがせます。いかに上手に大きくはがすか・・・。そして、それを立体的に積み重ねたりと、子供の創造力はふくらみます。
かまくらをつくろうと雪をどんどん積み上げてかためたり、雪だるまをつくろうと雪玉をころがしたり、午前中2時間ぐらいはあっという間に過ぎます。
冷たい空気の中なので子供達も程よく消耗し、暖かい小屋の中でお昼を食べる時は本当に嬉しそうです。体がゆるんで眠たくなる子もいます。
午後は指人形劇をやったり読み聞かせをします。ライトさんレフトさんの話しはなかなか受けます。家族にやって見せたりする子もいます。そろそろ、縫い物などの手仕事を充実させていこうと思います。
                                          渡辺 純子

"保育日誌 Vol.3" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント